戸隠神社のレイライン的配置

2011.08.12 作成
2017.02.10 更新

戸隠神社奥社には、今でこそ天手力雄命が主祀神とされていますが、古くは九頭龍であったとされており、かつて参道の両脇は大沼があり龍神様が住まわれていたとされています。
また、戸隠周辺は、修験道から見れば、飯縄山と戸隠山はセットであり、両方の山を巡るのが修行であるともされていました。
さらに、戸隠山の北東にある黒姫山はその山容から信濃富士とも呼ばれます。
これらの関係を地図で見てみると・・・

二つの正三角形と、一つの二等辺三角形が現れてきます。
正三角形や二等辺三角形はいわゆるパワースポットやレイラインによく出てくる配置ですが、ここでもそれを見ることがきます。
この地図では範囲外になりますが、戸隠神社宝光社は黒姫山-戸隠神社中社-戸隠神社宝光社とほぼ一直線に並びます。

●戸隠関連ページ
戸隠 鏡池ワイド写真
http://enlt.jp/ps/Kagamiike/

ページのトップへ戻る