スピリチュアル・ライブラリ

2012.8.27 Update

1.スピリチュアルな基礎知識

ブログには、スピリチュアルというカテゴリーの記事が800本以上あります。
→ 別ウィンドウで表示

その中でも、人気・お勧めのブログ記事に追加編集してこちらに掲載しています。

カテゴリ 記 事
幸せ・幸福 幸せの悟り方(作成中/2013.1.8更新)
スピリチュアル
カウンセリング
占いと
スピリチュアルカウンセリング
スピリチュアルカウンセラーの
タイプ
この世とあの世  この世界の構造 68億のパラレルワールド
輪廻転生と過去世 輪廻転生 過去世の因縁?
カルマはニュートラル
この世界の真実 時間というもの 過去世はパラレル
オーブ写真  
スピリチュアルな能力 草スピ 動物の地震予知能力
人を観る 名前と字画 ピンクのオーラ
場を観る 場の見方  
聖地・神社 神社に呼ばれる 神社での浄化
神社を正面から撮るのは  
身体と健康 冷え性(その1) 冷え性(その2)
日食・月食の影響  
歴史的な変化 金星日面通過  
仕事の能力 スペシャリストとゼネラリスト  
ヒーリング ミューテーション タイムシフト・ヒーリング

 

2.スピリチュアルを理解するための書籍

ネット上には無い情報が掲載されている、おすすめの定番書籍をジャンル別で紹介します。インターネットは便利ですが、どちらかというと表面的な情報がメインで、深い知識となると現時点でも紙の書籍の方が優勢です。書名をクリックすると、Amazonにリンクします。ここに掲げている書籍の著者のそのほかの本もお勧めです。そのほかの書籍・月刊誌・季刊誌などについては、ブログの「書籍のおすすめ」を参照してください。

全般・ヒーリング

カテゴリ 書名 推薦文
スピリチュアル
全般
黎明
/巻)
葦原 瑞穂
スピリチュアルな世界を、幅広く解説しています。この世界について知りたいなら、まずはこの本。だけど、ちょっと難しいので、初心者が読むと半分も理解できません。しばらくたってから読み返すと理解が深まります。
ヒーリング

光の手
/巻)

癒しの光
/巻)

バーバラ・ブレナン
エネルギー・ヒーリングの定番とも言える本で、ヒーリングを学ぶなら、この本が基礎資料です。光の手は翻訳に関して一部難がありますが、それでもこの本は基本的なことを学ぶには必須の書籍ですね。でも、著者が元NASAの科学者なので、ちょっと難しいよ。
オーラ あなたのオーラ
は何色?

バーバラ・バウアーズ
オーラ(正確には、ハロー)について、見えない人でも巻末の質問をチェックすると自分の色が分かり、どんな組み合わせが良いのかが分かる本です。
チャクラ 7つのチャクラ
魂を生きる階段

キャロライン・メイス
チャクラに関して、分かり易く説明した本で、チャクラについて調べたいならこの本がお勧めです。
チャネリング オープニング・トゥ・
チャネル

サネヤ・ロウマン
デュエン・パッカー
チャネリングの自習本として、いまだにこの本を超えるものは出ていないようです。私の場合チャネリングが始まってから、この本で自習しました。
腰痛
ぎっくり腰
ヒーリング
バックペイン

サーノ博士
20年以上患っていて、神経ブロック注射を何度も受けた腰痛・ぎっくり腰が本を三回読んだら直ってしまいました。腰痛・ぎっくり腰の大半は、整形外科ではなく、本を読んで治す時代が来ると思います。
身体浄化 風邪の効用
野口 晴哉
知られていないことですが、風邪は上手にひくと、身体浄化となって、大病しなくなり、健康になります。
レイキ 癒しの現代霊気法
土居 裕
レイキは、日本人が開発した伝統的なヒーリング手法のひとつです。習得しやすいのが特徴で多くの人が学んでいます。
エネルギー・
システム
バイブレーショナル・
メディスン

リチャード・ガーバー
人間とは単なる物質ではなく、複合的な生命エネルギーシステムの存在であることを提唱する書籍として、優れた本です。

 

神社・風水

カテゴリ 書名 推薦文
神社
式内社
日本の神々
神社と聖地

(全13巻)
谷川健一
全部そろえると7万円くらいしますが、ネットには掲載されない情報が沢山あり、神社なかでも式内社を調べるならまずはこの資料です。
全国の
神社
神社辞典
白井 永二
土岐 昌訓
神社の由緒などについて調べる時に便利です。コンパクトにまとめた説明が分かり易い。上記の本には掲載されていない、最近建立された神社も掲載されています。
平成祭データ
CD-ROM
神社本庁がとりまとめした、日本全国の神社本庁系神社のデータベースです。神社を調べるのに一般の人が入手可能なデータベースとしては、これ以上のものはないでしょう。入手方法は、神社本庁に問合せしてください。
記紀と神社の
日本史
古代日本正史
原田 常治
書いていることの全てが正しいとは思いませんが、日本の天皇家と神々の歴史については、伝統的な見方を覆す本として知られています。細かいところはともかく、大筋では書いている通りだと思います。多くの人に影響を与えた本として有名です。
※絶版なので、古本として入手する必要があります
風水 風水講義
三浦 國雄
風水が人気を集めているようですが、風水の本来の姿を理解するならこの本です。しかし、この本を読んでも開運しません。風水はそもそも、住む場所はどこが良いか、ひいては首都をどこに置くのが良いのかを決めるための技術なのです。
定本 地理風水大全
御堂 龍児
上記の本から、さらに実践的なノウハウを学びたいのであれば、この本です。難しいけど、良い本です。

 

サイエンス

カテゴリ 書名 推薦文
物理学
全般
パラレルワールド
11次元の宇宙から超空間へ

ミチオ・カク
この宇宙は3次元ではなく、11次元であり、また複数の宇宙からなる多宇宙(マルチバース)であること、そしてパラレルワールドことが現在研究されているが、それらを一般向けに解説します。
超ひも理論 エレガントな宇宙
超ひも理論が
すべてを解明する

ブライアン・グリーン
超ひも理論(スーパーストリング理論)の第一人者であるブライアン・グリーンが超ひも理論について、解説します。
著者は、他に「宇宙を織りなすもの―時間と空間の正体」、「隠れていた宇宙」などの著書で最新の物理学の世界を一般向けに紹介しています。

 

3.実践的な知識とスキルを身に着ける書籍

中高年の転職

カテゴリ 書名 推薦文
転職
スキル
驚異の「幸せ転職」術
中高年が続々成功!
短期実践プログラム

佐々木 一美
(ささき かずよし)
35歳を過ぎたら・・・・「転職はできない」、「派遣から正社員にはなれない」と考えているクライアントの方が多いのですが、そんなことはありません。
私自身、43歳で正社員転職の経験もあり、35歳を過ぎたら・・・というのは、多くの人が抱いている間違った幻想でしかありません。
なぜ、そうなってしまうのかというと、35歳を過ぎてからの転職は、若い頃の転職とは異なるノウハウが必要になるのだけど、そのノウハウを知らないために、できないとあきらめてしまうからです。
この本には、中高年になってからの正社員転職ノウハウが具体的に掲載されています。
※絶版なので、古本として入手する必要があります

またこの本を書かれている、佐々木さんのサイトもお奨めなので、こちらにも掲載しておきます。
中高年の転職 ※ベルコリンズ研究所
http://members.jcom.home.ne.jp/tyukounen/

 

ビジネススキル

カテゴリ 書名 推薦文
思考法 ロジカル・シンキング
論理的な思考と構成のスキル

照屋 華子
岡田 恵子
仕事や普段の生活において、論理的に考えて構成するスキルというのは、必要であるにもかかわらず、学校でも仕事でも教えられていないのが現実です。これが出来るのと、出来ないのでは、成果に大きな違いが出てきます。
問題解決 問題解決
プロフェッショナル

「思考と技術」
齋藤 嘉則
論理的に考えた事柄を、具体的な行動としてのプロジェクトに展開するときに、何をどう考えて行けばいいのかを教えてくれます。
戦略思考 企業参謀
戦略的思考とはなにか
大前 研一
論理的思考と、問題解決をさらに企業レベルに適応するときに、どのように思考して整理すべきかを分かり易く示してくれます。
MBA MBA
マネジメント・ブック

グロービス
中~大企業を理解する上で、押さえておかなければならないポイントを見開き2ページで分かり易く解説しています。
MBA
世界最強の戦略思考

インパルタ
上記の結果を踏まえて、どう考えるのか、そしてどうプレゼンすべきなのかをコミカルかつ分かり易く表現しています。

 

恋愛スキル

女性(男性)にモテる、モテないは、天性の素質ではありません。それは技術でありスキルですから、学び・実践することで、向上できるものです。

カテゴリ 書名 推薦文
男性向け

モテる技術

デイビッド・コープランド
ロン・ルイス

女性(男性)と、お付き合いができるようになるのは、偶然ではなく、技術(スキル)です。

この本は、美人・美男向けではなく、普通の人向けに書かれており、実践的な方法を学ぶことができます。

著者は、男女ペアになっているので、男目線・女目線の両方の視点から書かれているので、偏りがないのが良いです。

基本的には、アメリカ人向けに書かれているので、日本人が読む場合は、これはアメリカならでは、これは日本でも使えるという読み分けをしてください。

モテる話術

デイビッド・コープランド
ロン・ルイス

女性向け

愛させる技術

デイビッド・コープランド
ロン・ルイス

 

ページのトップへ戻る