▲リストへ戻る

ミューテーション

2010.5.12作成

ミューテーションというのは、体を形成するエネルギーのレベルや振動数、振動状態が変化する時に、それが肉体的症状として出てくるものです。
症状としては、寒気、熱っぽい、頭痛、腹痛、背中痛、筋肉痛、(症状が大きい時には)嘔吐、などがあります。

ミューテーションの症状に良く似ているのが風邪です。風邪は、浄化のプロセスでもあります。詳しいことは、野口 晴哉著「風邪の効用」を参照してください。

エネルギーの変化が肉体的症状として出てくるときは、風邪に良く似た症状になります。
ただし、風邪の浄化とは異なり、ミューテーションは変化なので、体調が悪い感じはしないのだけど、なぜかそのような肉体的な症状が出てくるところが特徴です。ミューテーションを何度か経験すると、風邪なのかミューテーションなのか体感的に分かるようになります。

ミューテーションの場合は、医者に行っても原因がよく分からず症状を和らげる薬を出されるだけです。症状が重い場合は和らげることも必要になりますが、ミューテーションの場合はおおむねそれほど重い症状にななりません。

ミューテーションが起きたら、水分を多めに取って安静にしておくのが一番です。
ビタミンなどを摂ってもあまり効かないのですが、摂取するのには問題がないので、気になる場合は摂っても構いません。

状態によっては、温泉に行くと変化がスムーズになることがありますが、状態によっては、変化のスピードが加速することもあるので、どちらになるのか判断できる場合か、身体が温泉を要求している場合であれば温泉に行くのも良いです。

もしくは、近場に良い神社があるなら、そういうエネルギーの高い場所に行くと、スムーズになることがあります。

会社勤めなどの場合、会社にミューテーションと言っても理解できる人はいないので、その場合は風邪とか体調不良とかで言うしかないです。実際に見てみると、原因不明の体調不良を起こしている人を結構見かけるのですが、案外ミューテーションを起こしている人が多いのかもしれません。

ただし、自分自身で風邪なのかミューテーションなのか、それとも他の原因なのかを正確に判断できない場合は、きちんとお医者さんのところに行くようにしてください。

-*-

良い神社やお寺に行ったら、体調崩してしまったと言う話を時々聞きますが、良い神社やお寺、つまりパワースポットに行ったら、体調崩すことがあるのか?ということについては、体調崩すということではなく、エネルギーレベルが上がることによる変化を起こすということは、よくあります。

以前行っていた富士山ワークでは、私がドライバー、参加者の方が助手席や後席に乗って移動するのですが、神社に参拝し、車を出すと参加者の方全員が眠ってしまい、起きているのは私だけというのが、よくありました。そして次の神社に着くと、みなさん起きだして、参拝し車を出すと再び就寝状態です(笑)この時の眠り方というのが、段々眠くなって行くというのではなく、車を出すと墜ちるように十数秒で眠ってしまいます。なので、私が助手席の方とお話をしていて、「・・・って、そうだよね?」と問いかけた時点(この間は、数秒しかありません)で、既に眠っているということも何度もありました。

これは、どういうことかと言うと、富士山ワークを行うときは、富士山の麓のパワースポットである神社を巡るのですが、それらの神社はエネルギーが高いので、そういう場所に行くことが、自分のエネルギーレベルを高めるということになります。 ただ、エネルギーレベルが上がる場合、自分自身の霊体(オーラレベル)のエネルギーはすぐに上がるのですが、肉体のエネルギーが上がるのには、時間が掛るため、肉体を眠らせておくことがエネルギー的な変化を早く・スムーズにさせることになります。

なので、パワースポットと呼ばれるような神社やお寺に行った後、一見すると体調が悪くなるような状態になることはあります。ただし、それは体調が悪くなったということではなく、自身の霊体レベルのエネルギー変化が肉体レベルに波及する時に、身体を一時的に休ませることが必要であるということです。 また、変化が大きい時には、肉体レベルの変化の方が遅延する関係から、一時的な頭痛・背中痛・腰痛などが出てくることがあります。

また、人によっては、エネルギーレベルを上げるために、これまでため込んでいたネガティブなものを吐き出すというプロセスを経て行く人もいます。

これらは、体調の悪化ということに一見すると見えるのですが、浄化のプロセスであり、体調をよりよくするためのプロセスの一環ということで、私の方では、それを「ミューテーション(変容)」と呼んでいます。

自分の身体・エネルギーに起きていることが、ミューテーションであれば、それは体調不良ではなく、一時的な通過プロセスであるというこです。

【参考書籍】

風邪の効用 (ちくま文庫)
野口 晴哉 (著)

ライトボディの目覚め 改訂新版 (ナチュラルスピリット)
アリエル (著), タチーレン (著), 脇坂 りん (翻訳)

ページのトップへ戻る