▲リストへ戻る

過去生はパラレル

2008.3.5作成

過去生というのは、現世に生きている側から見ると、

[過去生#3]→[過去生#2]→[過去生#1]→[現世]

という感じに、時系列でシリアル(直線的)に並んでいるように思えるため、直前の人生(上図では[過去生#1])が現世に対して強い影響を持っていると思って、一つ前の過去生を知りたいというクライアントさんが時々おられるのですが、過去生というのは、実際にはシリアルではなくパラレル(並行的)になっています。

A:[過去生#3]→[過去生#1]→[来世以降]
B:[過去生#4]→[過去生#2]→[現世]

ここでは単純化するために、AとBの二種類に限定していますが、A・Bというのは人生で学んでいくテーマと考えておくと分かりやすいと思います。なので、A・Bという二種類だけでなく、実際には沢山のテーマがあります。
ここでは、現世でのテーマはBであり、それに関連する過去生は、#4と#2となります。
上記は説明しやすくするために、単純化して書いていますが、一つの人生の中でも沢山のテーマがあり、実際には一つ一つの過去生が並行して存在しており、しかも相互に関連しているため、一つ前の過去生が現世に対して影響がかならず強いというわけではありませんので、直前の過去生を見ることが意味をなさないこともよくあります。
過去生リーディングにおいては、あくまでも現世の人生で学んでいくことを知ることが重要なので、私の場合は、あくまでも現世に対する影響・関連が強い過去生を見ています。

ページのトップへ戻る